バンドリ!ガルパの自己紹介、記事の方針、プレイアドバイスについて

2019年8月30日

こんにちは!

ガルパ上達の記事を書くにあたっての自己紹介と、記事の方針、プレイアドバイスについての説明です。

自己紹介

この記事を書いている2019年4月時点での自分の音ゲー史は……

  • 音ゲー歴:だいたい10年 太鼓の達人(AC13あたり)→jubeat(copious?)→beatmaniaIIDX(tricoroあたり)→いろいろ
  • ガルパ(親指):AP残り7譜面(六兆年と一夜物語/Hey-day狂騒曲(カプリチオ)/Re:birth day/Ringing Bloom/シュガーソングとビターステップ/ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!/ティアドロップス)
  • beatmaniaIIDX:SPADA~SINOBUZまで皆伝 Confiesrie(A)ギリギリHARD CLEARくらい
  • CHUNITHM:RATE 15.00越え 14はできない
不動の7強……

他にもSOUND VOLTEXやmaimai、デレステやDeemoなど、メジャーなものは一通りプレイ済みです。

最近はゲームセンターには行かずガルパばかりやってます。スタミナとかの制限がなく何回でも連続で遊べるのがいいですよね!ストーリーやキャラも大好きな今一番お気に入りのゲームです。

twitterはこちら→@nano_takazora

ガルパ記事の方針

ガルパの記事では、ガルパや他の音ゲーを本格的に上手くなりたい方へ向けた基礎的な解説や練習法、上達のための意識の仕方などを書いていきます。

音ゲーが上手くなるためには回数が大事とか、意識して練習することが大事みたいなことはどこかで聞いたことがあると思います。

じゃあ具体的に何を意識して練習すればいいの?という疑問に答えるような内容になります。

記事で書いていくネタはこんな感じです。

ぱっと見で意識斜め上な込み入った内容がぶわっと書いてあって一回引くんですが、これらの内容をおさえれば上達は間違いないと思っています!

また、上達記事を書いていく上で個人的に目指して行きたいのが、”音ゲーの基礎・応用の確立”です。

勉強やスポーツなど、色々な分野で『基礎が大事』ということはよく聞くと思いますが、音ゲーにもそれはきちんとあって、例に漏れず大事なことなんじゃないかと最近になって思い始めてきたのです。

それと同様に、応用的な部分の上達についても、他の分野でも言える共通点があるということを実感しています

これを書いている時点ではまだ自分の知識はうまく整理できていませんが、記事をアップしながら考えをまとめていって、最終的にはここを音ゲーの教科書と言えるようなサイトにできたらいいなと思っています。

ガルパ上達の目標

ここでのガルパ上達の目標は、”全譜面ALL PERFECT達成”です。

これは僕自身が成し遂げていないことですが、ここの記事の内容を読んだ上で練習すれば、誰でも達成は決して難しくない目標だと思っています

ネットでガルパの上達について調べると、『難しいタップは無理せず隣のレーンで取ろう』とか、『餡蜜してミスを減らそう』といった、ライブクリアやフルコンボをするためのテクニックがよく出てくると思います。

もちろんこれらのテクニックはクリアやFCにはとても効果的なのですが、全譜面をAPできるレベルの腕前を目指すためには逆効果なので、ここではほとんど教えません(教えるとしたらGod knows…とかSURVIVOR ねばーぎぶあっぷ!とかの高速な交互のスライドの餡蜜くらいだと思います)。

『どんなノーツもリズムにのせる』、『4分/6分の基本的なリズムを意識する』、『難所は譜面をできるだけ分けて考える』など、音ゲーを確実に上手くなりたい方に向けたコツを教えていきます

プレイアドバイスについて

新しい試みとして、私高空なのが皆さんの音楽ゲームのプレイ動画を観て、その人に合ったアドバイスや練習曲などをお教えします。いつでもご活用ください!

・私のTwitter(@nano_takazora)のリプライかDMに、皆さんのプレイ動画をお送りください。

・動画を送るときは、大まかな地力やクリアマークの状況、過去のリザルト、どんな傾向の曲・譜面を攻略したいかなどを具体的に教えていただければ、より的確なアドバイスが出来ます。

・プレイアドバイス以外の音ゲーに関する質問もなんでも受け付けています。質問はブログのコメントやマシュマロでも大丈夫です。

※返信には時間がかかる場合があるのと、アドバイスの経験は未熟なこと、アドバイスはあくまで一個人の意見であることをあらかじめご了承ください。

※ガルパ以外の音ゲーでも大丈夫ですが、自分がプレイしたことのない音ゲーや曲の場合も返信に少し時間がかかると思います。